iPhone

iPhoneのバッテリーが急激に減るのは治る?自分で出来る対処法まとめ【iOS11】

更新日:

iPhoneバッテリー急激減ることってありませんか?

これまでは、1日中使っても十分に充電は残っていたばずなのに・・最近、お昼頃には残量が半分に、夕方には充電切れの状態に。

「故障?」

「修理?」

と判断する前に、まずは『自分で簡単にできる治し方・対処法』をまとめてみました。

Appleの保証『AppleCare』に修理を依頼すると、代替え機が貸し出されないので、出来れば自分の手元で治ると助かりますよね!

ママ
修理に出すと1週間くらい手元にiPhoneが無くなるから困っちゃうわ~。
はじめパパ
この記事を読めば、バッテリーが急激に減る症状を自分で改善することができますよ!

iPhoneのバッテリーが急激に減るのは治る?原因は2つ

iPhoneのバッテリーが急激に減る場合は、何かしらの原因が考えられますが、大きく分けると主に2つの症状で切り分けることができます。

  • バッテリーを消費している原因がある
  • バッテリーの寿命・故障

急にバッテリーが減ってしまうと、焦って「修理?交換?」と判断しがちですが、修理や交換は最終的な解決策なので慌てて依頼する必要はありません。

まずはバッテリーを消費している原因を突き止めることで、案外、簡単に解決してしまうケースも多いです。

まずは自分で操作して改善できる方法を手順をおって説明していきます!

ママ
iPhoneの操作って色々と難しいのよね~。
はじめパパ
やってみると意外に簡単にできるよ!iPhoneは直感的に操作できるのが魅力なんだよ!

最終的な解決方法である修理や交換を依頼すると、約1週間ほど時間がかかるため手元にiPhoneがなくなってしまいます。

出来ればiPhoneを手放すことなく、バッテリーの問題を解決したいですよね?まずは、これから紹介する方法でiPhoneの設定を見直してみてくださいね!

いきなりAppleCareに問い合わせてもOK!

AppleCareの電話番号:0120-27753-5

これからバッテリーが急激に減る症状を治す方法を説明していきますが、まだiPhoneを使いはじめたばかりの人や操作に自信のない人は、いきなりAppleCareに問い合わせるのも安心です。

AppleCareで電話対応してくれるApple専任のスペシャリストはとても親切で、どんな内容にも優しく的確に答えてくれます。

この後に説明する操作内容を見ながらAppleCareのスペシャリストに相談するとわかりやすいです!

はじめパパ
僕もよく問い合わせるけど、Apple製品が安心して使えるのもAppleCareのおかげだよ!
ママ
AppleCareの人って、どんなに簡単な内容でもとても親切に対応してくれるのよね~♪
はじめパパ
操作でどうしても治らない場合にはAppleの保証サービス『AppleCare』に相談しするといいですよ!

AppleCareでは担当者が操作方法を丁寧に説明してくれるので、iPhone初心者や操作に自信のない方でも安心です。

いい意味で、とてもフレンドリーに接してくれる点も高評価です。

先に下の記事を読んで電話すると、アドバイザーが話す内容を理解することができ、よりスムーズに問題を解決できます。

iPhoneのバッテリーの減りに自分で出来る対処法まとめ

バッテリーが急激に減る症状はこれから紹介する3つの方法で解決することが出来ます。

  • 使用状態の確認とアプリの終了方法を覚える
  • iPhoneの再起動
  • iOSデバイスをリセット

これらの3つの手順を試してもバッテリーの状態が改善しない場合は、AppleCareに電話して相談することをおすすめします。

AppleCareのスペシャリストは、遠隔操作でiPhoneの症状をチェックすることもできるので、この3つの手順では気が付くことのできないiPhoneの異常を調べてくれます。

STEP1:バッテリーの使用状況を確認

【設定】>【バッテリー】>バッテリーの使用状況

まずはバッテリーの使用状況を確認します。

バッテリーの使用状況を確認することで、よりバッテリーを多く消費しているアプリなどを確認することができます。

iPhoneを使い始めたばかりの初心者は、アプリを完全に終了させることができずにバッテリーを消耗している場合があるようです。

ママ
まずは何がバッテリーを消費しているか確認するのね~♪

マルチタスクでアプリを終了させる

  1. ホームボタンを2回連続で素早く押す
  2. バックグラウンドで起動中のアプリを確認
  3. アプリを上にスライドさせて完全に終了させる

アプリを完全に終了させたい時はホームボタンを押すだけでは不十分です。

アプリを完全に終了させるためには、ホームボタンを2回連続で押してマルチタスクを開きます。終了させたいアプリを上にスライドさせて完全に終了させます。

ホーム画面からは見えないバックグラウンドで起動しているアプリが原因でバッテリーを消費していた場合は、この操作を覚えるだけでバッテリーが急激に減る症状を治すことができます。

はじめパパ
iphoneって直感的に操作できるから慣れると便利です!

STEP2:iPhoneの再起動と強制再起動

【通常の再起動】

  1. 電源ボタン長押し(オフ)
  2. 「スライドで電源オフ」をタップ
  3. 電源ボタン長押し(起動)

まずは通常の再起動をおこないます。通常の再起動でも症状が改善しない場合は、引き続き「強制再起動」します。

【強制再起動】

  1. 電源ボタンとホームボタンを同時に長押し
  2. Appleのリンゴマークが出たら指を話す
  3. 自動的に電源が入るのを待つ

iPhoneの再起動(強制再起動)はバッテリートラブルだけでなく、その他の色々な症状も改善させることができます。

はじめパパ
iPhoneのトラブルで困ったら、まず再起動(強制再起動)をする癖を付けるといいです。とっても簡単ですよ♪

STEP3:iOSデバイスをリセット

「設定」 > 「一般」 > 「リセット」 > 「すべての設定をリセット」

iphoneの設定をリセットします。

設定をリセットするだけなのでデータは消えませんが、念のため必ずバックアップを作成して実行するようにしてください。

ママ
リセット後は自動的に再起動するので、画面が消えても安心してくださいね!

iPhoneのバッテリーまとめ

iPhoneのバッテリーが急激に減ってしまうと、いざという時にiPhoneが使えず、とても困ってしまいます。

AppleCareに修理や交換を依頼しても1週間位は手元に戻ってこないので、出来れば自分の手元で治したいものです。

今回は自分で簡単に治す方法・対処法をまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね!

ママ
これで安心だわ~♪
はじめパパ
バッテリーの持ちが悪くなったら新しいiPhoneと格安SIMに乗り換えもおすすめです!

-iPhone

Copyright© 格安スマホ比較ナビ|iPhoneにもおすすめの格安SIMをランキング , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.